• 【耐久性・耐水性◎】グラフィックタイプメニューの秘密に迫る!

    『メニューブックの達人』製作工場の稲葉です。

    メニューブックを作るとき、やはり誰もが気になるポイント…それは【耐久性】【耐水性】【汚れ】ではないでしょうか。せっかく時間をかけて作るのだから長持ちさせたいですよね。

    そこで今回は、取扱商品の中で耐久性・耐水性ともにNo1の「グラフィックタイプメニューブック」についてご紹介!(※当社商品の中でNo1)

    どれくらい耐久性・耐水性があるのか?実際に水に濡らしてみたりしましたよ~。
    ではでは早速のぞいていきましょう(=゚ω゚)ノ

    そもそもグラフィックタイプメニューってどんなメニュー?

    全面にオリジナルデザインを印刷できるので自由度が高く、当店でも1.2を争う人気商品です!
    サイズはB5,A4,B4,A3の4種類で制作できます。

    どれくらい耐久性・耐水性があるの?

    本メニューは「合成紙」と呼ばれる紙に印刷し、その後「PP加工」をすることで耐久性・耐水性を高めています。

     

    「合成紙」とは…


    表面は一般的なコピー用紙のように光を反射しないマットな質感でサラサラとした肌ざわりです。
    裏面は合成樹脂を含んでいるため、しなやかですが頑丈で破れにくくなっています。

    見た目は一般的な紙と変わりありませんが、故意に破ろうとしてもなかなか破れません。

    (写真だと伝わりづらいかもしれませんが…全力で破ろうとしてみました!)
    この時点でも耐久性の高さがお伝えできたかと思います。

     

    「PP加工」とは…
    印刷物に薄いフィルムのような加工を施します。※PPとはポリプロピレンの略称で、プラスチックの1種です。

    当店では光沢を抑える「マットPP」と光沢のある「グロスPP」をご用意していますが、グラフィックタイプメニューには「マットPP」を採用しています。

    傷やスレを防ぎ、手触りもよりなめらかになります。少しの水こぼれや汚れもサッと拭けば元通り!


    ただし、PP加工をしたとしても完全に汚れや水を防げるわけではありません。。
    隙間から水が入ってしまったり、長時間放置したりすると劣化の原因に繋がります。
    じゃあどれくらい防水できるの?という疑問にお応えすべく、実際に水に濡らしてみました!

    左がPP加工をした紙を濡らして5分経過した様子
    右がPP加工をしていない紙を濡らして5分経過した様子です。

    右はまわりに水がしみこみ、印刷が変色してしまっているのがお分かりいただけるかと思います。
    それに比べ、左はしみこんだ様子はなく印刷もきれいなまま٩(ˊωˋ*)و

    ご覧いただいたように、破れなどに強い「合成紙」+汚れ・水に強い「PP加工」をすることで耐久性No1のメニューブックが出来上がっているのです!

    まとめ

    今回はサイト上だけではなかなかお伝えしきれていなかった
    メニューブックの材質や加工についてお伝えしました。

    当店は全てインターネットを通してのやり取りとなりますが、
    時間や場所の制限がない代わりにやはり実際の仕上がりに不安な部分もありますよね。。
    今回の記事で少しでもそんな不安を減らすことができていればうれしいです!

    なんとなく分かったけど、やっぱり実物を見て確認したい…という方には、無料サンプルをご用意しております。画面上だけではわからなかった色味や質感、手触りなどをぜひぜひ体験してみてください!

    また、サイト上では実際に弊社でメニューを制作いただいたお客様の制作事例も一部掲載しております。より仕上がりのイメージが付きやすくなると思いますので、ご参照頂ければと思います♪

    【意外と知らない】メニューブックの中身の作り方

    こんにちは!『メニューブックの達人』製作工場の佐藤です。
    メニューブックといえば表紙のデザインに力を入れる方も多いと思いますが…
    それと同じくらい中身(中面印刷)も大事なんです!(人も中身が大事って言いますよね〜。)
    いくらカバーを豪華にしても、中面によっては残念な仕上がりになってしまうことも…。

    今回はそんな中面印刷の製作工程をのぞいてみます!
    最後にはプロ直伝!素敵な中面印刷を作るコツも公開しちゃいます|・`ω・)

    STEP1 データ処理

    印刷工程へ進む前にご入稿データのチェックを行っていますが、ここでも再度データに問題ないか確認します。

    チェックポイント
    ・塗り足しがあるか?
    ・リンク切れしていないか?
    ・アウトラインがとられているか?
    を主に確認しています。

    問題なければ「面付け」と呼ばれる作業を行い、印刷です!

    ★面付けとは…印刷する紙の大きさにあわせていくつか同じデータを貼り付ける作業です。
    こうすることで効率的に印刷することができます!

    この段階で問題点があるまま進めてしまうと今後の作業に影響がでてしまうおそれがあるため、細かくチェックしながら進めます。

    STEP2 印刷

    チェックポイント
    1.印刷したあと、ページ順や色味を確認
    2.全体のデザインを見て印刷エラーが起きていないか確認

    ★弊社は少部数の印刷に最適な「オンデマンド印刷」を採用しています。
    一言に「印刷」と言っても、実はかなり繊細な作業なのです。
    特に色味は天候や気温によって左右されることがあり、同じ設定のデータで印刷したとしても若干の差が出てしまうことがあります…!


    ・料理が美味しそうに見えるか確認
    例えば青色は食欲が減退する色なので、青っぽい色が目立つメニューは一度お客様に問題ないか確認をお願いする場合もあります。
    ・ご入稿データをPC上で見たときと実際に印刷したときに大きな差がないか確認
    お客様のイメージに沿った仕上がりになるよう心がけています!
    ※PCのモニターと実物ではどうしても色の出方に差が出るため、完全に同じ仕上がりにすることは難しいです

    STEP3 PP加工


    ※PP加工とは・・・
    PP(ポリプロピレンの略称)
    紙の表面に薄いフィルムのようなものを貼るラミネート加工です。

    チェックポイント
    ・機械で1枚ずつ丁寧に加工していきます。
    ・PP加工をすることで少しの汚れやこぼれに強くなります。
    そのため、多くのお客様にご利用いただいています!
    おかげさまでPP機は毎日フル稼働しています。


    加工完了後は表面に気泡や汚れがないか確認しています。

    STEP4 梱包


    クラフト紙で包み、次の製作工程へ移ります。
    このあとはスジ入れや穴あけをはじめとした加工を行い、本体にセットして完成となります。

    ★プロ直伝!素敵な中面印刷を作るコツ★

    他店とは一味違うメニューを作るコツは…ズバリ、内容に合った紙や加工を選ぶことです!
    用紙ひとつ変えただけでも、普通の白い紙に印刷するより格段に手が込んでいる仕上がりになりますよ。
    とはいってもどれがいいの?という方も多いと思いますので、用紙編と加工編に分けて簡単にオススメをご紹介します♪

    【用紙編】
    ・圧倒的人気!【標準用紙(アストルT+PP加工)】
    少し厚めの紙にPP加工します。PPは「グロス」と「マット」2種類から選べます。
    ※PP加工については、このあとすぐ下で詳しく説明しています!

    ・こだわりが光る【特殊紙】全12種から選べます!

    ・カフェなどビンテージな雰囲気を出したいときは「ファーストビンテージ オーク(特殊紙A)」
    ・日本料理や和食など、日本古来の雰囲気を出したいときは「こざと 白雪(特殊紙B)」
    ・豪華なメニュー(海鮮や特選素材など)には金箔が繊細にちりばめられている「ミューズキララ ホワイト(特殊紙C)」

    【PP加工編】
    ・居酒屋さんなど料理の写真を目立たせたいお店は光沢がある「グロスPP」
    ・和食屋さんや落ち着いた雰囲気のお店には光沢を抑えた「マットPP」
    がオススメです!多少の水こぼしや汚れにも強くなります♪(完全防水ではありません)

    ※中面印刷は上記写真のように透明フチはつきません。あくまで質感の違いをご参考下さい

    どの紙を選んでいいかわからない!という方は…別記事で詳しく紙の特徴について解説していますので、ぜひご参照下さい♪

    【写真付き】メニューブックの紙ってどれがいいの?を解決!

    また、実際の紙を全種類ご覧いただける無料サンプルのご用意もございます。
    見て決めたい!というお客様はぜひご利用ください。

    まとめ

    今回はお店に行けば必ず目にする「メニューの中面印刷」の製造現場をのぞいてみました。
    どのように作られているかあまりご存知ない方も多いのではないでしょうか?
    本記事を読んで、少しでもイメージが掴みやすくなれば嬉しいです!

    毎日たくさんの案件がありますが、
    ご覧いただきましたようにお客様一人一人のメニューに真剣に向き合い
    データを全ページ細かくチェックしたり、印刷した後も色味やデザインに問題ないか確認したりなど、一つ一つ心を込めて製作しております。
    お客様のもとに届いたときのことを想像し、ご満足いただけるような仕上がりになるよう心がけています!
    紙や加工について、わからないことがありましたらこちらよりお気軽にお問い合わせ下さい☻

    箔押しメニュー制作時に役立つ3つのポイント

    『メニューブックの達人』店長の石田です。

    「メニューブックの達人」では、1冊から完全オリジナルでメニューブックを製作できますが、AdobeのIllustrator(イラストレーター 通称「イラレ」)というデザイン制作ソフトを使用してお客様に入稿データを作成していただく必要があります。

    Illustratorってなんのこと?入稿データのことなんてよくわからない…と制作を断念してしまう方や、Illustratorは持っているけどメニューのデザイン制作は初めてだから、データ制作時のコツが知りたい…!という方も多いと思います。

    そんな方へ向け、メニューブックデザインのハードルを少しでも下げるために、
    まずは、【箔押しタイプメニューブック】のIllustrator(通称イラレ)での入稿データ作成について解説します◎

    余談ですがこの商品、100種以上のクロス生地の中からお好みの生地を選んで、表面にロゴやデザインを箔押し加工することで高級感がアップ!他店のメニューブックと差をつけることが出来ますよ♪

    [目次]
    
    入稿データ制作時のコツ【Illustrator(イラレ)を持っている方向け】
    入稿データのことはよくわからない…という方

    入稿データ制作時のコツ【Illustrator(イラレ)を持っている方向け】

    まず、箔押しデータ制作の際は弊社テンプレートを必ずご利用いただくようお願いいたします。
    テンプレートのダウンロードはこちら(リンク)

    1.使用するテキストは、すべてアウトライン化(=パス化)する!

    アウトラインとは…フォントの情報をなくすことです。
    この処理を行わないと、お客様の画面上では正しく文字が表示されていても、環境が異なるPCで開いた際、
    文字化けを起こしたり、字間等のバランスが変わってしまったり別の書体に置き換えられてしまいます。
    仕上がりが変わってしまうおそれがありますので、お忘れなく…!

    アウトライン化は以下の手順で行います。
    1.「デザインレイヤー」のロックを解除する
    ※最初からロックがかかっている「注意書き」「テンプレート」などのロックは外さないでください。

    2.「選択」>「すべてを選択」し、オブジェクトを全て選択

    3.アウトラインを作成する
    (「パスになった状態」が正しくアウトライン化できている状態です)

    4.「フォント検索」で漏れなくアウトライン化できているかチェックする

    (!)アウトライン化したのにフォントが検出される場合は
    孤立点(文字が入力されていないテキストデータ)が残っている可能性が高いです。
    こちらも全て消去して下さい。

    2.オブジェクトは黒(K100%)で作成!

    箔押しのデータはぼかしやグラデーションの表現は再現できません。

    なお、K100で作成いただいていても実際の箔色はご注文時に指定いただいた色になりますのでご安心ください。
    ※箔を2色以上ご希望の場合は、データ入稿の際に色の指定がわかるような見本(カンプ)を一緒に入稿してください。

    3.潰れ・にじみに注意!

    箔押しはすべて手で行う繊細な作業のため、デザインによっては潰れたり、にじみが起きてしまう可能性があります。
    「なんだか希望した仕上がりと違った…」とならないためにも、ぜひ以下の注意点をご確認のうえデータを作成していただけると幸いです…!

    ※長年の経験上、綺麗に仕上がる箔色は「金」と「銀」です!

    入稿データのことはよくわからない…という方

    「上記の説明を読んでもよくわからない…」「ロゴしか持ってないんだけど?」という方に向けて、新オプション【箔押し用版データ制作・変換サービス】をはじめました!

    なんと…箔押ししたいロゴの画像を送っていただくだけで、簡単に「箔押しタイプメニューブック」を作れちゃいます!

    嬉しいポイント1

    ロゴはあるけど「JPEG」「PNG」などの画像データしかない、
    PDFはあるけど加工することができない、Illustratorを所持していない、使えない…といったお客様から、「それでも作りたい!」というお声を多くいただいており、このたび誕生いたしました。

    更に、こちらのオプションは手書きの原稿からデータに変換することも可能!
    手書きのロゴしか持っていない…という方にもぴったりです◎

    嬉しいポイント2

    ご利用方法もカンタン!
    注文時に、オプションで「箔押し用版データ制作・変換サービス」を選択し、データを入稿するだけ。
    完成次第確認用のデータをお送りしますので、仕上がりも安心です。

    嬉しいポイント3

    弊社で箔押し用のデータに変換し、最終的には該当商品のテンプレートにロゴを配置したデータ(Illustrator形式)でお渡しいたします。
    リピートの際はお渡ししたデータを入稿していただければ、同オプションのご利用はなしでご注文いただけます!
    (メニューの仕上がりサイズ・ロゴを変更したい場合は、お渡ししたデータは使用できませんので再度オプションのご利用をお願い致します。)

    ご利用上の注意点

    基本的にはお送りいただいたデータをそのまま使用・作成させて頂きますが、以下のようなデータはお受けが難しい場合もあります…。

    「解像度の低いデータ」や「小さなデータ」を拡大して配置すると、画像のように文字のフレームにモザイクがかかったような仕上がりになってしまいます。
    この場合、弊社デザイナーがお客様のロゴを基に、綺麗な仕上がりになるようロゴを作成しなおしさせていただきます。
    しかし、デザインが複雑なロゴはどうしても再現が困難になってしまいます。
    ご理解いただけると幸いです…!

    ◆オプション料金

    画像ファイルから変換 ¥5,000(税別)
    手書きの原稿から変換 ¥15,000(税別)

    まとめ

    今回は箔押しメニューに焦点をあててご紹介いたしました。
    箔押しメニューを作りたいけど、データのことはよくわからない…と制作を諦めていた方、ぜひご紹介した「箔押し用版データ制作・変換サービス」でメニューを作ってみませんか?
    実際にロゴが入ったメニューを目にすると感動もひとしおですよ…!

    このデータで作れるかな?とご不安な場合は、事前にお手持ちのロゴデータをお送りいただければ確認させていただきます。
    また、サイト上では実際に弊社でメニューを制作いただいたお客様の制作事例も一部掲載しております。より仕上がりのイメージが付きやすくなると思いますので、ぜひご覧ください♪

    
    
     
    
    
    制作実績ページ

     

    また「箔押し用版データ制作・変換サービス」は以下商品も対象です。
    ウレタンメニューブック
    クロス生地バインダーメニューブック
    オリジナルメニュー台紙

    メニューブックの達人では皆様のお悩み・お問合せに寄り添って
    新サービス・キャンペーン・新商品を展開していきます。次回のブログをお楽しみに!

    メニューブックができるまで

    『メニューブックの達人』製作工場の稲葉です。

    飲食店では必ず見かける「メニューブック」どのように制作されているかご存知ですか?

    なかなかイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか。
    今回の記事では、そんなメニューブック製作工程の一部をお見せしちゃいます(`・ω・´)b

    弊社では、お客様のオリジナルデザインで1冊からメニューブックを作成することが可能です。
    ご入稿いただいたデータのサイズが合っているかどうか、その他印刷に適した状態かどうか…などなどを確認し、いよいよメニューブック製作道スタートです!

    1.データを確認

    出力用のパソコンでデータを受け取ります。
    ご注文サイズとデータサイズに違いがないかを確認します。

    ビス綴じやレール綴じなど、綴じ方によってデータのサイズが変わります。
    サイズが間違っていないか改めてチェックします!

    2.印刷・出力

    印刷の際は1枚1枚出すのではなく、大きな紙にいくつか並べて印刷します。
    あまり馴染みのない光景ではないでしょうか。
    ここからどうやってメニューブックになるんだろう?と思った方、正解は本ブログの後半で!

    色味、デザインに問題(変化)はないかをチェック!
    印刷物が折れないように気を付けます。

    3.ラミネート

    先ほど印刷したものをラミネートします。まるで巨大ラップです。
    ★ラミネートとは…薄いフィルムのようなものを圧着する加工です。水や汚れに強くなります。
    (※完全に防ぐわけではありません)

    ホコリ等が入ると一緒にラミネートされてしまうので、入らないよう気を付けます。
    最初のうちはなかなか難しいです。
    また、ここでもラミネートされる紙が折れないように気を付けます。

    4.断裁

    先ほどの答え合わせです。
    ながーい定規を「トンボ」と呼ばれるカットの目印に合わせ、スピードを意識しながら一枚一枚手作業で切っていきます。
    カッターで切るだけでしょ?とお思いの方もいるかもしれませんが、これがなかなか難しいのです。腕の見せ所です!

    定規が滑りやすいので、ズレないように注意!

    5.梱包

    クラフト紙で包み、次の製作工程へ移ります。
    この後はいよいよ製本作業、ビスやレールの取り付け作業などを行い、メニューブックが完成!

    製本は専門的な作業が多いため、よりわかりやすく動画でご紹介いたします。

    まとめ

    製作現場では、データを受け取ってから完成まで常に細心の注意を払いながら作業しています。

    しかし、作業内容はどれも技術や経験がいるものばかりで、時には失敗することもあります…。
    その時は何が原因だったのか?どのようにすれば綺麗に仕上がるか?など、商品をより良くするための方法を考えます。

    何度も試行錯誤をくり返すこともありますが、お客様により良い商品をお届けするため、日々改善に取りくんでいます。やり慣れている作業にも新しい発見があるのでおもしろいです!

    今回の記事で少しでもメニューブックを身近に感じていただけたら嬉しいです。

    【写真付き】メニューブックの紙ってどれがいいの?を解決!

    『メニューブックの達人』印刷担当の佐藤です。

    メニューのデザイン完成!あとは注文と入稿だけ!
    そんな時、こんなお悩みに直面したことはありませんか?

    紙はどうしよう。。。

    サンプルを取り寄せている時間もないし、今すぐメニューを注文したい!
    でもせっかく作るんだし紙にもこだわりたい・・・
    という方に向けて、印刷担当佐藤がオススメするメニューの用紙についてご紹介します!

    弊社では中面印刷だけでも注文可能・紙の種類も13種からお選びいただけます。

    【雰囲気編】オススメの紙

    【標準用紙:アストル+PP加工】 \一番人気!/

    紙は厚紙をイメージして頂ければ一番近いと思います。しっかりとした質感!
    PP(薄いフィルムのような加工です)はグロス・マットから選択可能です。

    • グロスPP加工


    光沢があり、色味がパキっと出るので、彩度が高いデザインに◎
    こんなお店にオススメ:中華料理店・焼肉店

    • マットPP加工


    光沢を抑えるため、落ち着いたソフトな印象にも、格好いいハードな印象にもなれる万能タイプです◎
    こんなお店にオススメ:洋食店・カフェ・焼肉店・美容院

    紙の表面にラミネートをするので防水効果もあり、
    よごれてしまってもササッと拭けるのでお手入れ楽&長持ち!
    ※完全防水ではございません。

    こちらの紙はどんなメニューにも合うので安定に人気があります!
    グロスPP加工・マットPP加工によって印象が変わりますので、
    雰囲気に合わせて選んでみてくださいね♪

     

    【特殊紙A:ファーストヴィンテージ オーク】\オシャレ!/


    名前だけでもヴィンデージ感が伝わってきますね。
    まさに名前負けしないオシャレなクラフト調の用紙です。
    文字だけのデザインでもおしゃれになりますよ♪
    カフェや洋食屋などのお店に映えること間違いなし!

     

    【特殊紙B:五感紙荒目 純白】\凸凹感!/


    表面に凹凸があるため、ついつい触りたくなってしまう触り心地です!
    飲食店ではあまり見ないような珍しい紙です。
    お客様の注目を浴びるかもしれませんね!

     

    【特殊紙C:ミューズキララ ホワイト】 \華やか!/


    ゴールドの箔が繊細にちりばめられていて、
    名前の通りキラキラしているのが特徴です!
    和食の繊細さや豪華な印象を与えたいときにオススメです!

     

    【特殊紙C:ペルーラ スノーホワイト】\パール感が綺麗!/


    こちらも名前が素敵な用紙です。
    きらきらとしたパール感があり、冬を感じさせます。
    ケーキやアイスなどの季節限定デザートメニューにこの紙を選んで頂くと、
    素敵な仕上がりになりそうです!!

    まとめ

    はじめてメニューを注文するお客様や、何度か注文したことのあるお客様も
    今回のブログを参考に、紙を選んでみてはいかがでしょうか?

    デザインも大事ですが、紙やPP加工によっても雰囲気が変わって見えます。
    紙を工夫することで、さらに素敵なオリジナルメニューが製作できます。
    きっとお客様のお店に合った紙が見つかるはずです!

    商品ページでも特徴を紹介しています。

    今回ご紹介した紙以外にも沢山の種類がありますので、
    まだ納期がある&実際に紙を見て触りたい!
    という方は、ぜひ印刷用紙見本をお取り寄せ下さい♪
    全ての用紙をハガキサイズにカットしたものをお届けいたします。

    印刷用紙見本のお取り寄せはコチラ

    ご注文お待ちしております!(^o^)/

    PAGETOP